toggle
2020-02-08

シロズク画工室でPaste paper作り

ブルーの下地にピンクをおとして。

さて、前回は打合せだったシロズク画工室さんと、
ペーストペーパーのプライベートレッスンをしてきました。

ペーストペーパーとは、ドイツ語でクライスターパピア。
日本語では糊染めと言います。
糊と絵具を使って紙を染める方法です。

糊はデンプン糊、つまり障子糊。
材料も道具も、身近なもの、
作り方もとってもシンプル、
ゆえに、奥深いのがペーストペーパー。

足元にはフィーリー君。

シロズク画工室は自然光がたっぷりと入るので、
色がわかりやすく、とても良い環境。
道具も画材もあり、到着した時には準備も整えられていました。
シロズクさんに感謝。

シロズクさんの作ったのと。
私が作ったのと。

今日は、まず作り方を覚えて、感覚をつかむところまで。
美大出身で、イラストレーターの経験もあるシロズクさん。
どんなセンスが発揮されるのか楽しみ。

関連記事