toggle
2022-04-21

『おれらの多度祭』”Our Tado Festival” -Stay in Tokyo-

This day was the first preview.
A movie leaflet affixed to the signboard of the TCC preview room in Shinbashi.
この日は試写会1回目でした。
新橋のTCC試写室の看板に貼られた映画のリーフレット。

I’m currently helping the movie show in Tokyo.
This is one of the reasons for my long stay in Tokyo.
The title of the movie is “Our Tado Festival” .
This is the latest documentary film directed by Yuki Ito.
I met Director Ito in the Traditional Building Preservation District of Yame City, Fukuoka Prefecture.
His wife ran a bookstore cafe “Arigato bookstore” in an old building in the area, where I had a bookbinding class.
(The name has been changed from the picture book store “10 ants”.
“10 ants” is a Japanese word game and means “thank you”.
Currently, the cafe is open irregularly.)

私は現在、映画の東京上映の手伝いをしています。
これが東京に長期滞在している理由の1つです。
その映画のタイトルは『おれらの多度祭
伊藤有紀監督の最新作ドキュメンタリー映画です。
伊藤監督とは福岡県八女市の伝統的建造物群保存地区で知り合いました。
監督の奥さんはその地区の古い建物でブックカフェ「ありがと書店」を営んでおり、
私はそこで製本教室をしていたことがあります。
(「えほん屋・ありが10匹」から改名しています。
もちろん「ありが10匹」は「ありがとう」の掛け言葉。
現在、カフェは不定期オープンです。)

It is a poster of the movie “Our Tado Festival”.
The illustration is by Mai Kano.
映画『おれらの多度祭』のポスター。
鹿野真衣氏によるメインイラスト。

The movie is set in Tadocho, Kuwana City, Mie Prefecture.
Tadocho, the hometown of director Ito, is located in the northern part of Mie prefecture, close to Aichi and Gifu prefectures.
The film is a three-year record of a traditional festival in this town, especially in the Oyama district.

映画の舞台となるのは、三重県桑名市多度町。
伊藤監督の出身地である多度町は、岐阜県や愛知県にほど近い三重県北部に位置しています。
映画はこの町、特に小山地区の、伝統ある祭の3年間の記録です。

This is the third documentary film directed by Ito.
The first work is “Machiya Gentlemen’s Record”.
It is a work that chases people who are working on preserving the streets of Yame’s traditional architecture.
The traditional architecture where the townspeople lived is called “machiya”.
Director Ito actually lives and shoots in a machiya.

伊藤監督のドキュメンタリー映画はこれで3作目。
1作目は『まちや紳士録』。
八女の伝統建築の町並み保存に取り組む人々を追いかけた作品です。
町人が住んだ伝統建築を町家と言います。
伊藤監督は実際に町家に住まいながら撮影に挑みました。

The second work is “Human Rakugoka Fukudanji”.
I haven’t seen this movie yet.
This is a documentary film about the 4th generation Katsura Fukudanji.
Rakugo has a story about human affection.
Fukudanji 4th is a rakugo storyteller who is good at that field.
It’s not just a rakugo movie, but a movie that looks at humans.

2作目が『人情噺の福団治』。
この映画だけ、私はまだ見ていません。
四代目桂福団治師匠のドキュメンタリー映画です。
落語には人間の情愛を描いた作品があり、
四代目桂福団治師匠はその人情噺を得意としています。
落語映画としてだけでなく、普遍的な人間を見つめた作品だそうです。

And the third work.
As you can see, Director Ito shoots works that depict human affection.
A festival that the general public has cherished.
Growing up while admiring the festival, becoming adults, adults embrace the growth of young people.
You can see the emotions of each generation in this movie.

そして、3作目。
もうお分かりのように、伊藤監督は人間の情愛を描く作品を撮ってきました。
市井の人々が大切にしてきたお祭り。
祭に憧れながら成長し、大人になり、大人たちは若者を見守る。
それぞれの世代の感情を、この映画に見ることができることでしょう。

Now, let’s take a look at the preview venue.
Follow the signboard and proceed.
The building and the letters on signboards have an old-fashioned atmosphere.
では、ここからは試写会場の様子をお届けしましょう。
立て看板にそって進みます。
建物や看板の文字がレトロな雰囲気を醸し出しています。

There are leaflets of various movies to be screened in the TCC preview room.
TCC試写室で上映されている映画のポスターやチラシがたくさん置いてあります。

This is the entrance to the preview room.
Inside is the reception lobby and movie theater.
試写室の入口です。
中は受付ロビーと劇場。

This is a picture of Director Ito giving a greeting after the screening.
上映後、挨拶をする伊藤監督。

May 28th is the first day of the screening at Shinjuku K’s Cinema.
Photo exhibitions and talk events are planned before the release.
In addition, we are updating the backstage until the release.

Note of Director Ito
Director Ito and his wife’s YouTube Radio
Official Twitter

5月28日(土) 新宿 K’s cinema にて劇場公開です。
公開前には、写真展や、トークイベントも企画されています。
さらに、公開までの裏舞台を更新中。

【伊藤監督の手記】
『祭ばやしが聞こえる』

【劇場公開までの裏舞台radio】
センチメンタル・アドベンチャー

【おれらの多度祭公式Twitter】

One frame the day before the preview
I have been in contact with the director and his wife online all the time.
The first meeting in Tokyo.
試写会前日の一コマ。
監督夫妻とはずっとオンラインで連絡を取り合っていました。
東京では初めての顔合わせ。

I would like to run through to the theatrical release with Ito director couple.
I will update the backstage from my point of view on this blog.
劇場公開まで、伊藤監督夫妻と一緒に駆け抜けたいと思います。
私目線での裏舞台もこのブログで更新していきます。

関連記事